新作映画の配信状況をチェック!

危険!ビデオマーケットはコースが全8種類:各種の特徴とタダ利用

ビデオマーケットってどんなプランがあるんだろ?

少ないけど解説しよっか?


ビデオマーケットは有料コースが豊富

日本や韓流を含む海外の作品を取り集め、22万本という膨大なコンテンツ量を配信しているビデオマーケット。

本サービスは業界トップの作品本数を扱っているわけですが、実は登録するだけなら基本無料。楽天TVのように、有料のコースを複数用意することで顧客が見放題のジャンルを選べる仕組みです。

その弊害として、「どんなコースがあるの?」「料金はいくら?」といった感じで視聴者を混乱させてしまうのもまた事実。

本記事では、ビデオマーケットが取り扱うコースについて、それぞれどんな特徴があるのかを紹介。登録するうえでどれを選ぶべきかについて、参考にしていただければと思います。

ビデオマーケットのコースは全部で8種類

ビデオマーケットが用意したコースは、以下の全8種類。楽天TVと比べたら少なめで、スッキリとした印象を受けます。

ということで、上記で並べたコース一覧の特徴を紹介します。

ビデオマーケット8個のコースの特徴紹介

ビデオマーケットの8個のコースについて解説。

無料のスタンダードコース

スタンダードコースは、ビデオマーケットの基本無料のプラン。ビデオマーケットに無料登録するか、各種コースをすべて解約した場合は自動的にスタンダードコースになります。

無料なので特に特典は存在せず、レンタル作品を購入して視聴したり無料動画だけを視聴可能。登録だけして放置していてもお金を取られないので、最も維持費が安いプランです。

スタンダードコースはビデオマーケットの会員なら誰でもなるものなので、抜けるときは退会(アカウントの削除)する必要があります。

安くて便利なプレミアムコース

プレミアムコースは、有料コースのなかでは最も低価格なプラン。月額500円(税抜)で利用でき、会員には毎月550ポイントが無料で付与されます。

特典はポイントの付与だけなので、見放題の作品はありません。動画を視聴する場合には、無料動画または貰ったポイントでレンタル作品を数本見られる程度です。

初回登録の方だけ初月無料なので、登録月のうちに解約すれば0円で使えます。

定番のプレミアム&見放題コース

プレミアム&見放題コースは、ビデオマーケットの定番プラン。月額980円(税抜)で利用でき、会員には毎月550ポイントが付与されると共に、25,000本の作品が見放題で提供されます。

視聴できるのは見放題作品と付与されたポイント分のレンタル作品のみ。それでもビデオマーケットのなかでは一番人気なので、登録するなら一番おすすめです。

同じ価格帯のほかの動画配信サービスは、「フールー」「ネットフリックス」「FODプレミアム」などが存在。

初回登録の方だけ初月無料なので、登録月のうちに解約すれば0円で使えます。

NHKオンデマンド見逃し見放題パック

NHKオンデマンド見逃し見放題パックは、NHKの作品を視聴できるプラン。月額1,000円(税込)で、NHKオンデマンドの見逃し配信とニュース番組を視聴できます。

NHKオンデマンド見逃し見放題パックについては、単品で提供されていたりユーネクストも同様のコースを配信中。ビデオマーケットと合わせて決済したいという場合には便利です。

配信本数は数百本程度なので、かなり少なめ。ただし数週間以内の新鮮なコンテンツが毎日更新されては古いものが消えていくだけなので、基本的にNHKが好きなら飽きません。

NHKオンデマンド特選見放題パック

NHKオンデマンド特選見放題パックは、NHKの作品を視聴できるプラン。月額1,000円(税込)で、NHKオンデマンドの特選や連続ドラマを視聴できます。

NHKオンデマンド特選見放題パックについては、単品で提供されていたりユーネクストも同様のコースを配信中。ビデオマーケットと合わせて決済したいという場合には便利です。

配信本数は7,000本近くあるのでかなり多め。NHKの過去のコンテンツをひたすら視聴したいという場合にはおすすめします。

ただし見逃し見放題と違って数週間以内の新鮮なコンテンツが追加されていくわけではなく、作品の流動性は低めです。

FOD月額見放題パスポート

FOD月額見放題パスポートは、月額1,100円(税込)で利用できるプラン。フジテレビオンデマンドのドラマやバラエティ番組を楽しめる、フジテレビが好きな方には魅力的なコースです。

ちなみにFODプレミアムと呼ばれる動画配信サービスもあり、そのサービスがビデオマーケットのコースとして組み込まれたようなイメージ。

動画の本数は普通に楽しんでいれば枯渇しないほか、定期的に新しいものが追加されるのでとても楽しめます。

プレミアムコース1000

プレミアムコース1000は、月額1,000円(税抜)で毎月1,100ポイントを受け取れるプラン。プレミアムコースの上位版です。

レンタル作品を3,4本程度視聴できるため、毎月新作のレンタルをしたいという方にはおすすめします。

プレミアムコース2000

プレミアムコース2000は、月額2,000円(税抜)で毎月2,000ポイントを受け取れるプラン。プレミアムやプレミアム1000の上位版です。

契約していれば、比較的高額な新作であっても月に4本程度の作品を無料で見られるのが魅力。ビデオマーケットをヘビーに使い方にはおすすめします。

ビデオマーケットのコースに登録する方法

ビデオマーケットに登録するのはとてもかんたん。

公式サイトより見放題のコースのページに行き、個人情報と支払い方法を入力するだけです。

以下の記事で詳しい登録方法を取り扱っています。
関連記事:登録方法

ビデオマーケットのコースを解約する方法

ビデオマーケットの解約方法はとてもかんたん。

ログインした状態でユーザーメニューの登録解除を開き、解除したいコース名の近くにある登録解除に進むだけです。

任意のアンケートに答えて利用規約に同意するだけなので、解約は数秒あればできます。

以下の記事で詳しい解約方法を取り扱っています。
関連記事:解約方法

ビデオマーケットのコースで知っておきたい注意点

ビデオマーケットのコースを利用するなら、以下3個は注意点として覚えるべきです。

コースを変更するときは注意

ビデオマーケットでコースを変更する際は、二重課金に注意が必要。そもそもビデオマーケットは複数のコースを契約できるため、変更というよりは追加です。

例えば何かのコースを利用しているときに、ほかのコースを契約したとします。この場合は2個のコースに入っていることになり、翌月から請求されるのも2個分の月額料金です。

従ってコースを変更するという場合には、新しいコースの契約と共に古いほうの解約が必要。併用して契約するなら問題ないものの、コース契約によってこれまでの分が自動解約されるわけではない点にご注意ください。

付与されたポイントは期限内に消費する

ビデオマーケットで付与されるポイントは、180日間の有効期限付き。期限内に使わなかった場合はポイントが消失してしまうので、かなり勿体ないです。

特にプレミアム系のコースに入っている方は注意。毎月もらえるポイントを放置して使っていなければ、お金を投げ捨てているような状態になります。

ポイントは貯めこまないで消費していき、レンタル作品を借りるときはなるべく端数が出ない購入の仕方がおすすめです。

コースの見放題以外は基本すべて有料

ビデオマーケットの有料コースには、各コースによって特定の作品が見放題になる特典をつけているのが一般的。

これらは見放題ではあるものの、該当しない作品は基本的に有料であり、個別に課金を必要とします。

そもそもビデオマーケットはコース課金よりも都度課金をメインとしているので、これは仕様の話。

全作品の見放題を期待している方は、逆に見放題になる作品のほうが少ないレベルなのでご注意ください。

まずはビデオマーケットの初月無料コースお試し!

ビデオマーケットは全部で7種類のコースを取り扱っており、どれも魅力的なサービスばかり。

見放題を定額で利用できるほか、レンタル作品を付与・購入されたポイントによって視聴可能です。

なかでもおすすめなのは、「プレミアム」「プレミアム&見放題」の2種類のコース。この2つはビデオマーケット唯一の初月無料という特典を付けたコースであり、条件さえ満たせば0円で使えます。

無料体験する場合にはソフトバンクとワイモバイルのキャリア決済は利用できないものの、ほかの支払い方法は豊富。

本サイトでは無料で得する会員登録方法を紹介した記事も扱っているので、気になる方は必見です。