新作映画の配信状況をチェック!

超わかる楽天TV解約・利用停止方法:知るべき9個の事実

楽天TVってどうやって解約するのー?

簡単だから教えてあげるー


楽天TVをかんたん解約

楽天TVの解約方法についてお探しですか?

動画配信サービスの楽天TVは、ほかと比べて有料プランが多数存在。そのぶん利用料金が高くつくこともあり、解約を視野に入れるのが重要です。

ただし、解約する際には注意したいポイントが多数。何も考えないで解約したら損することもあるので、ある程度は考えておきたい部分があります。

本記事では、楽天TVの解約方法と注意点・確認事項について紹介。「解約ができてなかった」「動画が見られない」「支払いが止まらない」などのトラブルに合わないよう、一読するのがおすすめです。

前提:楽天TVの解約は2種類

楽天TVを解約するといっても実際のところ2種類あります。そこで今回は、2種類の解約についてやり方を解説。

楽天TVそのものを解約(利用停止)

楽天TVの解約は、正式名称が利用停止と呼ばれるもの。文字通り楽天TVを使えなくする解約方法で、アカウントの存在を抹消する重い手続きです。

楽天TVを今後一切使わないと断言できる方や、なんらかの理由で情報を残したくない場合にはおすすめ。楽天TVは登録していても無料で持てるため、基本的には利用停止する必要はありません。

本記事では、後半で詳細を扱います。

楽天TVが提供する見放題プランを解約

楽天TVにはレンタルや購入作品だけでなく、定額見放題のプランが存在。定額見放題は20種類近く用意されていて、好みに応じて任意で契約できます。

一般的には楽天TVで解約するという話題が出た場合、こちらの「定額見放題の解約」を指す場合が多いです。

今回は前半部分で定額見放題の解約方法について取り扱っているので、「無料体験中だけど解約したい」「プランの見放題を利用してないから解約したい」といった方は、確認事項と合わせて参考にしてください。

楽天TVの見放題プラン解約前の確認事項

楽天TVの定額見放題プランを解約する場合、5点を確認するのが重要。それぞれ簡単に解説します。

解約後は次回更新まで見放題が継続

定額見放題は、契約した日時を基準として毎月同じ日に自動更新されるのが仕様。そして楽天TVの場合は解約したとしても、次の自動更新日の前日までは視聴できるという仕組みを採用しています。

具体的には15日に契約しているなら、毎月15日が自動更新日。このとき15日から翌月14日のいつ解約したとしても、定額見放題はその期間だけ継続して利用可能です。

以上より、解約タイミングはいつでも問題ないのが魅力。ただし翌月の自動更新を挟みたくないなら、その前に解約しなければいけません。

解約予定だった月の後に自動更新日を超えた場合、キャンセル等はできず視聴期間が1ヶ月伸びるだけです。

無料体験の場合は即時権限喪失

定額見放題は解約しても次の更新日まで視聴できると紹介しました。

しかしながら無料体験中であれば仕様が異なり、解約したら即時権限を失う点に注意が必要です。

再契約の際は無料体験なし

楽天TVに用意されている定額見放題は、解約したとしても何度でも再契約可能です。ただし定額見放題に無料体験期間があった場合、再契約のときには付属しません。

無料体験は初回登録のみ有効で、次に同じ定額見放題を契約しても即時料金支払いが発生します。

ドコモケータイ払いの方は解約時間に注意

定額見放題の決済方法としてドコモケータイ払いを採用している方は、解約タイミングに注意が必要。

毎月月末の20時から23時59分には解約できない仕様になっており、試したとしてもエラーが出て手続きを正常に完了できません。

といっても楽天TVはほかの動画配信サービスとは異なり、自動更新日が毎月1日に固定されていないので影響は少なめ。

自動更新日が1日に固定されていてドコモケータイ払い決済を利用しているという方のみ、月末の解約時間に注意してください。

アプリからは解約不可

楽天TVの定額見放題に作品は、アプリで視聴が可能。しかしながらアプリには、解約の項目がないため手続きを行えません。

AndroidやiOSを搭載したスマホ・タブレットまたはテレビのアプリをご利用の方は、ブラウザでウェブサイトにアクセスして手続きを済ませる必要があります。

解約時の日割りはなし

日割りは、契約日数のうち使ったぶんだけの月額を支払う際の仕様のこと。定額見放題には日割りが用意されておらず、解約時に残り日数があったとしても月額が満額請求されます。

とはいっても、定額見放題は解約後も次の自動更新前まで継続して視聴可能。日割りがなくても支払い額は損しません。

解約手続き後に残り日数があるにも関わらず利用しない場合は、それだけ損した気分にはなります。

楽天TVの見放題プランを解約する方法

楽天TVの定額見放題を解約する豊富について、端末別で紹介。

スマホ・タブレットを使った解約手順

スマホで使う方向けの解約方法を紹介します。

購入履歴へ
楽天TVの公式サイトを開いて、ページの上のほうにある「購入履歴」に進みます。アプリからではなくクロムやサファリなどのブラウザを使ってください。

解約したい定額見放題を見つけて解約する
購入履歴のページに入ったら、レンタルや購入と定額見放題の課金状況が表示されます。

そのなかから解約したい定額見放題プランを見つけて、その下にある「解約する」というリンクをタップしてください。

解約する
解約の最終画面が表示されます。下部の「解約する」を押したら、「定額見放題が解約されました。」というページに遷移して手続きは終わりです。

パソコン(ブラウザ)を使った解約手順

パソコンのブラウザを使う方向けの解約方法を紹介します。

購入履歴へ
楽天TVの公式サイトを開いて、ページの上のほうにある「購入履歴」に進みます。

解約したい定額見放題を見つけて解約する
購入履歴のページに入ったら、レンタルや購入と定額見放題の課金状況が表示されます。

そのなかから解約したい定額見放題プランを見つけて、その下にある「解約する」というリンクをクリックしてください。

アンケートに答える
アンケートが表示されるので答えます。といっても回答しなくても特にペナルティはありません。終わったら下部の「完了」を押してください。

解約する
解約の最終画面が表示されます。下部の「解約する」を押したら、「定額見放題が解約されました。」というページに遷移して手続きは終わりです。

楽天TVを解約(利用停止)する前の確認事項

楽天TVを利用停止する場合、4点を確認する必要があります。解約と間違えて利用停止しないよう、確実に確認してください。

すべての視聴権限を即消失

楽天TVには大量の作品があり、それぞれレンタルや購入、定額見放題という形で視聴できます。そして購入した作品はサービスが続く限り、永久的に見ることが可能です。

しかしながら利用停止したら、手続きを済ませた時点ですべての視聴権限を喪失。視聴期限が残っていようが定額見放題の残り日数があろうが、完全に見られなくなります。

特に購入作品は、捨てるも同然です。

再開時は初期状態

楽天TVを利用停止した場合でも、後から登録し直すことで再開は可能。しかしながら再開したとしても、すべてが初期状態として扱われます。

具体的には購入した作品は消失しているほか、レンタルや見放題などもありません。会員メニューで見られる情報も初期化されているので、以前の購入履歴等の確認は不可能です。

停止後は履歴の確認不可

楽天TVを利用停止した場合、その時点でこれまでの履歴の確認はできなくなります。

利用停止はアカウントが存在しないのと同等の扱いのためです。

最重要:停止するのは楽天会員ではなく楽天TV

楽天TVの利用停止で最も重要なのは、停止するのが「楽天会員」ではなく楽天TVである点。

楽天TVを利用停止するつもりが楽天会員をやめてしまった場合、楽天に関するすべてのサービス使用権限を失います。

楽天を使っていれば貯まるスーパーポイントはもちろん、楽天ペイやラクマなども同様に使えません。特にポイントはキャッシュを貯めこんでいた場合、すべて消失で大損する可能性があるので注意が必要です。

この項目は本当に最重要なので、利用停止は絶対に楽天会員ではなく楽天TVにしてください。正しい利用停止方法は、下記で紹介します。

楽天TVを解約(利用停止)する方法

利用停止申請ページへ
利用停止申請用のページに入り、ログインしてください。

次へ
利用停止申請ページに書いてある注意事項を読み、同意できる場合は「次へ」をクリック。

アンケートに回答
アンケートに答えます。任意なので、一切答えなくも問題ありません。

利用停止確認から利用停止
アンケートが終わったら下記の「利用停止確認」をクリック。次のページで「利用停止」を押してください。この時点で利用停止は正式に申請されます。

メールを確認
利用停止手続きが完了したら、楽天TVを利用停止した旨のメールが届きます。以上で利用停止する手順は終わりです。

MEMO
利用停止ができていない、または確認した受信箱とは異なるメールアドレスに届いている可能性があります。

楽天TVが解約・利用停止できているか確認する方法

楽天TVを解約・利用停止した方は、確認するのが大切。確認しなかった場合は解約できていなくて支払いが継続する場合もあるので、ご注意ください。

解約できたか確認

定額見放題のサービスを解約は、購入履歴から確認可能。

購入履歴にある定額見放題プランの部分には本来なら「解約する」というボタンが用意されていますが、解約した後はなくなります。

解約ボタンが消える代わりに、定額見放題の残り契約日数が表示されています。

解約ボタンがない=すでに解約手続き完了ということです。

利用停止できたか確認

楽天TVを利用停止した場合、登録しているメールアドレスに手続き完了のメールが届きます。メールが届いていれば、利用停止ができたと確認可能です。

また楽天TVのページにアクセスすると、「登録しますか?」といった案内が出てきます。登録の案内が出てくるなら、利用停止されていると判断することも可能です。

楽天TVは電話問い合わせによる解約も可能

楽天TVの解約は、サポートセンターへの電話問い合わせによる方法でも可能。

定額見放題の解約がうまくいかない方やスマホ・パソコンの操作に慣れないという方は、オペレーターの案内により簡単に解約することができます。

電話先は、下記の番号↓
受付時間:9:00-19:00
電話番号:050-3786-7670

この番号は楽天TVの窓口のような役割として使われています。

解約の際は楽天会員の登録情報や解約したい内容について話すことになるので、事前に把握していたほうがスムーズ。

なお問い合わせ先が混雑していて繋がらないこともあるので、時間に余裕を持つか平日の混み合わない時間に電話するのがおすすめです。